ホステスになりたい方必見。高級クラブのアフターについて

高級クラブの「アフター」とは

お店の営業時間が終わった後にお客さんとホステスでお店の外に出かける「アフター」。

アフターについてはどこのお店でも、また高級クラブでなくてもついてくるもので、それを目当てに高級クラブに何度も訪れるお客さんもいます。

ですがアフターは誰も守ってくれないお店の外で深夜の時間にお客さんと出歩くものだからこそ、不安を抱く人も多いです。

ホステスはもちろん、お店もアフターについては十分に気をつけている方も多く、アフターについては強制しているお店も少なくなっている傾向にあります。

ちなみに私はホステス時代のお客さんと結婚したのですが、付き合う前から今の旦那さんにアフターに誘われていて、そのアフターに応じていました。

そんな銀座のホステスのアフター事情についてこちらでお話ししていきます。

ヘルプのホステスは半強制的にアフターに同行することも

アフターについては強制されていない風潮が強くなっていますが、中には半強制的にアフターに応じなければいけない場面もあります。

例えば太っ腹なお客さんが来店されて、その日のテーブルがかなり盛り上がった時。

お客さんが「この後みんなでご飯に行こう!」と仰ったとします。

その言葉に係であるホステスが「わかりました」と言えば、ヘルプのホステスも半強制的にアフターに同行しなくてはいけません

係のホステスはベテランで、その場の空気を読むことに人一倍長けている方も多いです。

高級クラブでの接待で何よりも気をつけなければいけないのが、「お客さんの気分を害さないこと」

ですので係のホステスの方針はヘルプのホステス全員の方針にもなります。

アフターにはリスクがある?

特にホステスとして働いて、やむを得ずアフターに駆り出される可能性もあるとなると、不安を感じる方もいるかもしれません。

ですが、実際のところ高級クラブのアフターは他の夜のお店のアフターとはまた少し違う雰囲気があります。

高級クラブのアフターについて、しっかりとリスクを確認した上で行くようにしましょう。

やむを得ない場面に直面する前にちゃんとリスクについて知っておくことで、アフターも安心して過ごすことができるようになりますよ。

キャバクラに比べるとリスクは少ない

そもそも、高級クラブのアフターはキャバクラに比べるとリスクはかなり少ないと言えます。

その理由は高級クラブのシステムにあります。
高級クラブは一見さんお断りで、さらにVIPで身元がしっかりわかっている方しか来店することができません。

ですのでどこの誰だかわかっているというパターンが多いことから、万が一の自体も少なくなる可能性が高くなります。

さらに客層も40代~60代の資産家の方が多いため、アフターの内容も落ち着いた雰囲気で食事だけ、という場合が多いです。

上記のように最初は数人のホステスを連れ添ってのアフターになるので、お客さんと2人きりになるという事態は自分で防ぐことができるというのもリスクを抑えられる要因になります。

それでも最小限の注意はしておこう

ですが、それでもお店の外では守ってくれる人はいませんので注意はしておきましょう。

最初に触れた係のホステスがOKして集団で食事に行くという場合も、ちゃんとこの人は信頼できると係のホステスが判断した場合のみです。

何度もお店に通われていて、その人の身元も性格も知り尽くしているという場合でないとアフターをOKしないホステスも多いです。

また1人の特定のホステスをアフターに誘うという場合もあります。
その場合も、決してお客さんの車に乗ったり、2人きりになるような場面にはならないように注意しましょう。

お客さんに自宅まで送ってもらうことも厳禁です。
お店の近くなどで解散して、自力で帰るようにすることで自宅の場所を教えずに済ませられます。

お客さんによっては帰りのタクシー代をもらえる場合もありますよ。

アフターもクラブに報告をする必要がある?

例えばお客さんから直接連絡をもらったり、お店からはわからないところでアフターのお誘いをもらうこともあるかもしれません。

ですが高級クラブではお客さんのことは徹底的に管理しています。
同伴はもちろん、いつ誰とアフターに行ったということもしっかりと知った上で、次にそのお客さんが来店した時の接客につなげます。

ですのでアフターについても、行く時はちゃんとママに報告しましょう。

キャバクラでは同伴バックのみのお店もありますが、高級クラブの場合はお客さんからのアフターのお誘いに応じた時も相応のバックをもらえる可能性もあります。

まとめ

高級クラブのアフター事情についてまとめます。

・ヘルプでも半強制的にアフターに行く可能性がある
・アフターのリスクは低めだけれど十分に注意する必要はある
・アフターに行く時はお店にしっかりと報告する

アフターにはリスクもつきもの。
最近ではお店によってはアフターのリスクを鑑みてノルマがなかったり、断ってもOKとしているところもあります。

ですがお客さんとの信頼やその場の空気でアフターに応じることもしばしば。

その時はしっかりリスクに注意して、お客さんとの時間を過ごしましょう。

そのアフターがお客さんに気に入られるきっかけとなるかもしれません。