【ホステスになりたい方向け】銀座の高級クラブの基本システムを紹介

ホステスとして成功したいか、結婚する未来を手に入れたいかはあなた次第ですが、どちらの場合でもまずは大前提としてホステスとして真面目に働かなければいけません。

ですが、そもそも銀座の高級クラブはどんな場所かピンとこない方も多いかもしれませんね。

ここではそんな銀座の高級クラブのシステムについて紹介していきます。
銀座のクラブで働こうと思っている方は、まずはそのシステムから学んで行きましょう。

銀座の高級クラブのシステムを紹介

銀座のクラブでは「暗黙の了解」になっているルールも数多くあります。
そのため最低限、働く上で知っておくと便利なことについても触れていきます。

もちろんお店によっても多少ルールが異なる部分もありますので、そのあたりも考慮した上で知っていってください。

高級クラブに来るお客さんについて

まず、高級クラブに来るお客さんについて。
銀座の高級クラブには企業の会長や社長クラスの方や、有名人・著名人の方なども数多く来店されます。

ですが銀座の高級クラブの場合、特に老舗の高級クラブの場合は紹介制を取っているお店がほとんどです。

お客さんも紹介制で、そのお店の常連になっているお客さんが他のプライベートや仕事での知り合いを紹介する場合や、ママやホステスが紹介する場合もあります。

高級クラブは信用が第一。
VIPのお客さんはそもそもクラブ自体こっそりお忍びで来店されていることも多いです。

高級クラブの絶対的なルール

クラブ内で見たことはお店の外には持ち出さない。

仮にお店の中で某有名人を見たからといって、ホステスはもちろんお客さんもそのことを口外してはいけません。

ですが、そこに一見さんのよく知らないお客さんが来ていたらどうなりますか?

そのお客さんがきっかけでその有名人が銀座のクラブに言っていることがバレてしまうかもしれません。

ホステスとの会話を盗み聞きされてしまうことだってありえます。

そうしたことからお客さんを守るためにも、この紹介制のルールが取られており、紹介がなければ一歩もお店の中に入ることはできません。

このルールによって、お客さんひとりひとりに安心してお店の時間を過ごしてもらうことができるようになっています。

指名制度について

キャバクラなど他の夜のお店では、お客さんが来店されるたびに”その日の指名を言う”、というパターンですが高級クラブでは実質的な指名制度はありません

高級クラブでは、お客さん自身で毎回別のホステスを指名することはできません。

大抵はママがそのお客さんにつけるホステスを決めます。
紹介の場合は、そのお客さんに付いているホステスを選んだり、ホステスからの紹介であれば紹介したホステスが付くのが通例です。

このホステスのことを「係」と呼びます
どこのお店でも係はそのお客さんのお店でのお世話を行うメインのホステスのことを指します。

銀座のクラブにおいての指名

ホステスは永久指名制で変えることはできず、そのホステスが引退するなどやむを得ない事情を除き係のホステスは変えられません。

係はVIPのお客さんに出しても恥ずかしくない、ママから信頼されているベテランのホステスが任されます。
VIPや馴染みのお客さんの場合はママが係になることも珍しくありません。

一度そのクラブに来店して係のホステスを付けてもらったら、毎回そのホステスと会話をすることになります。
そうした部分もホステスとお客さんの結婚が多い理由のひとつです。

ですが、そのクラブでお客さんが永遠にそのホステスにだけ接客されるのかと言うと、そうではありません。

高級クラブでの接客スタイル

高級クラブでは大抵1人のお客さんにつき3人~4人のホステスが付きます。

係以外のホステスのことはヘルプと言います
ヘルプのホステスに関しては毎回変わりますので、お客さんを飽きさせない、マンネリを感じさせないシステムになっています。

接客の方法について

引用:https://www.oricon.co.jp/news/75193/photo/1/

このように高級クラブでは、係のホステス1人とヘルプのホステス3~4人程度で接客します。

基本的には隣に係のホステスが座ってお客さんのためにお酒を作ったり、メインで接客をすることになります。

ですがそれらはヘルプも行うので、基本的にはホステス同士が集団で連携して1人のお客さんを接客することになります。

全員で会話を楽しんだり、時にはお酒作りなどテーブルでの雑用を上手く連携して行うことになるので、ホステス同士のコミュニケーションや連携はとても大切になってきます。

テーブルを離れなければいけないようなことはボーイに任せますが、テーブル上のことはホステスの仕事。

そのためヘルプのホステスがお客さんと仲良くなることも多く、ヘルプのホステスと同伴したり、連絡先を交換することも別段珍しいことではありません。
係のホステスの目の前でだってOKです。

ちなみに・・・

大抵の夜のお店では同伴出勤すればその売り上げが自分のバックとして入ります。
でも高級クラブのヘルプのホステスの場合は、お客さんと同伴しても、その売り上げは自分ではなくそのお客さんの係のホステスに入るので、この点に注意しておきましょう。

まとめ

銀座の高級クラブのシステムについてまとめるとこのようになります。

・VIPが多く来店することから一見さんお断りの完全紹介制
・一度お客さんが来店したら、必ず係のホステスが接客を行う
・係のホステスは永久指名制で変えることはできない
・1人のお客さんに対して係とヘルプ、3〜4人の集団で接客する

このように銀座の高級クラブでは他の夜のお店とはまた違った独特のシステムがあるので、働く前に知っておくことが大切です。

ホステスの仕事は係のホステスかヘルプのホステスかで違いがあり、給料はもちろん接客するお客さんの数などにも大きく影響します。

係を任されるホステスになるにも、まずはヘルプである程度そのお店のママやお客さんに気に入られることから始めないといけません。

その高級クラブのシステムを知った上で、自分がホステスとしてどう働いていくのか、考えておくのが良いですね。

派遣のホステス・キャバ嬢はTRY18

銀座・六本木でホステスになるには・・・
銀座のホステスとして働きたいと思ったら、求人サイトを探すのではなく、店舗のホームページから直接応募しましょう! 中でも銀座チックという高級クラブは銀座・六本木で働きやすさNo.1と名高い有名クラブ。 年間を通じてアルバイトやフロアレディを募集しているので、未経験者の方にもオススメです。 こちらからクラブチックの求人に応募してみましょう!!